So-net無料ブログ作成
検索選択
泌尿器系の病気かも? ブログトップ
前の3件 | -

尿トラブル 夜間頻尿 過活動膀胱  [泌尿器系の病気かも?]



尿の悩みで圧倒的に多いのが「頻尿」で、日本では約4.500万人が夜間頻尿で悩んでいます。


昼間の頻尿で悩んでいる方は
3.300万人以上と見られているので昼夜を合わせると

莫大な数の頻尿でお悩みの方がいる計算ですよね。



頻尿は

昼間トイレに行く回数が8回以上
夜間は1回以上おしっこに行く方は頻尿と定義付けられています。



ただ、何回夜中に起きるかではなく
昼間の生活に支障が起きないか?

これが問題になります。


プロドライバーだと昼間睡魔が襲い大事故につながる事も
考えられますし、デスクワークで思わず簡単なことでも
ミスを起こすことも考えられます。


文字通り

「日常生活に困っているか?」が

大きな問題になるわけですね!

トイレの回数はあくまでも「目安です。」

生活に支障が出たら治療を始める、の考えでいいと思います。



過活動膀胱って何?

普通は腎臓で作られた尿が膀胱にたまり

イッパイになるとパンパンになった膀胱から
脳に信号が送られ膀胱の筋肉が緩められオシッコが出ます。


ところが過活動膀胱になると

膀胱に少量のオシッコが溜まった状態でも勝手に膀胱の筋肉が緩んで
おしっこを催します。

結果、頻尿になるわけです。


頻尿の原因と症状(特徴)

頻尿の原因を見極めるには

排尿日誌がお勧めです。

排尿日誌には、正確には

排尿の時間及び尿量

尿意の強弱



水分摂取料などを記録しますが、排尿時間と排尿量だけでもOKです。

☆過活動膀胱の特徴

特徴としては1日の排尿量は正常だが1回あたりの
排尿量が30~150mLと少なく結果として数が多くなるわけで


注)尿量が増えるためにトイレ回数が多くなるわけではないのです。




☆頻尿での悩み?

トイレ回数が多いと思うように熟睡できず翌朝の目覚めが悪い
したがって仕事ゃ学校でも気分が優れないことが多いですよね!

仕事でのミスやイライラで友達間トラブルが発生したり
睡眠が足りていないと思わぬところで深刻な事態になる事も考えられます。

通勤や買い物でのマイカー運転時に
居眠りでの事故も考えられます。


プロドライバーなら更に深刻です。
運転中に睡魔に襲われ最悪の事態が考えられるからです。



このようなリスクを減らすには?どうしたらいいでしょうか?

過活動膀胱の治療をしながら
短いスパンでも熟睡し疲れを残さない工夫が必要になるわけです。








共通テーマ:健康

男性の尿もれの原因 おじさん臭 [泌尿器系の病気かも?]

男は、加齢に並行して前立腺肥大症という病気のリスクが高くなります。

男の尿トラブルは、この前立腺肥大症が原因だと言えます。



前立腺は膀胱の出口部分のことですが、排尿時には、尿道を締めたり緩めたりする

バルブの役目をする2つの括約筋と前立腺が協力し合って協調し、尿道を開けて尿を出しています。



ところが前立腺肥大症になると尿道に接する内側が肥大してしまい尿漏れ・逆に尿が出にくい。

など排尿に関するさまざまな問題が発生します。



初期の段階では膀胱が過敏になって起こることが多く、尿意切迫感・頻尿・切迫性尿失禁などが

起こりやすくなります。



更に進行すると、前立腺が肥大するために排尿時に尿を排出しきれなくなり残尿が出始めます。



若い頃は排尿時、勢いよく出ていた尿の勢いも弱くなり
希に途中で止まってしまいます。


ついには排尿困難となり、ほとんど尿が出ない状態になります。

膀胱が満タンになり尿がもれ出してしまう「溢流性尿失禁」まで悪化してしまうことも。。。


恥ずかしい話ですが、下着を汚すことも・・・・・

家内にも申し訳なく引け目を感じていましたネ。


ところが

ある日のこと。


家内が石鹸を変えたんです。(驚)


私は、尿臭とばかり思っていたのが

実は加齢臭(
おじさん臭)の方が強かったんですよ。 (笑)


さりげなく、石鹸を変えてくれた家内に「感謝」です!







最近、人ごみでも匂いを気にしなくなりました。!

タグ:石鹸 臭い

共通テーマ:健康

高齢者 尿トラブル 運動不足も解消! [泌尿器系の病気かも?]

頻尿は高齢者の病気だから「仕方がない。」

尿漏れパンツに頼るしか他に方法がない!こんな感想をお持ちではないですか?



はなまるマーケットスッキリ!!にも出演し、

多数の雑誌で注目されている

女性泌尿器科医 関口由紀先生がこの度新しく開発された

【男性のトイレが近い(頻尿)・尿失禁を解決する方法】を紹介します。




もしも、あなたが

「睡眠不足で昼間、睡魔に襲われて仕事が手につかない」

「夜中のトイレの事を考えると、夜になるのが怖い」

と思っておられるなら、ぜひ、このサイトをお読みください。



ここまでできる!“骨盤底筋”の底力

あなたは「骨盤底筋」という言葉を覚えておいででしょうか?



「骨盤底筋」とは、子宮やぼうこうといった、男女に限らず下腹部の

臓器を支えるインナーマッスルやじん帯などの総称で、ここを鍛えると、

下半身のトラブルを改善することができることが医学的に証明されています。



「あさイチ」でも、“尿もれ”、“便秘”、“性交痛”などへの効果をご紹介され話題となりました。


しかし

この骨盤底筋、体内にあるため意識しづらいのが難点。「上手な鍛え方を知りたい!」という声が

跡を絶ちませんでした。


しかも

骨盤底筋を効率よく鍛えることで、下半身だけでなく冷えや姿勢(背筋が伸びる)などの

全身症状の改善にも効果的であることや、女性だけでなく男性にも有効だということがわかってきました。



気持ちはあってもなかなか出来ないとお悩みではないですか?

そんな日頃の運動不足解消にも役立つ方法です。


是非、骨盤底筋群を鍛えて日々安心してお過ごしいただきたいとご紹介させていただきました。





今すぐ、こちらからご覧ください。



<<<こちらをクリック>>>



共通テーマ:健康
前の3件 | - 泌尿器系の病気かも? ブログトップ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。