So-net無料ブログ作成
検索選択
頻尿とアルコールの関係 ブログトップ

頻尿とアルコールの関係 [頻尿とアルコールの関係]


 

男性は、前立腺炎が頻尿を引き起こす原因になることが多く見られています。
更に前立腺炎を引き起こす要因のひとつが、アルコールの飲み過ぎが原因と考えられています。

その「前立腺炎とは」

疲労ストレス、睡眠不足などの為に体の抵抗力が弱り、尿道の粘膜を通過し前立腺に細菌が侵入、炎症を引き起こしてしまう病気です。


これらの原因に加えてアルコールの摂り過ぎが前立腺炎を引き起こす大きな原因と考えられています。


初期段階の症状は、頻尿・残尿感・排尿時に痛みが伴います。

自覚症状として
下腹部に尿が溜まった感覚があり、痛みを伴う事もあります。
アルコールの摂取と頻尿は、前立腺炎深く関係しています。

この前立腺炎の発症年齢層は?

若年層から中年層の男性に最も多く発症している病気です。

前立腺炎は完治治療を怠ると慢性化してしまうことも多いようです。

治療方法は?

前立腺炎の治療には抗生物質や消炎剤を用います。

途中で炎症が完治しないうちに、治療を打ち切った場合な慢性化してしまうおそれがあります。


慢性化した前立腺炎は、前立腺肥大症と同じような症状が出るようになります。
頻尿・残尿感・排尿時の痛みがあるなど、前立腺炎の症状がある場合は、早めに泌尿器科を受診する事をおすすめします。

このような細菌性の病気による頻尿は抗生物質などの薬が有効ですが

加齢からくる頻尿や尿漏れは薬に頼らず自ら治すことも可能です。

薬は即効性がある反面、依存性・蓄積など身体にマイナスな面が多々あり

専門家の中には、薬を出したがらない医者もいると聞きます。

薬を使わないから安心、自宅で頻尿改善ができる・・・

はなまるマーケットでも紹介された方法です。

自宅に居ながら一日15分程の簡単体操で骨盤底筋を鍛え頻尿を人知れず

改善する方法です。


多数の雑誌で注目されている
女性泌尿器科医 関口由紀先生がこの度新しく開発された
【男性のトイレが近い(頻尿)・尿失禁を解決する方法】を紹介します


 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 

 



共通テーマ:健康
頻尿とアルコールの関係 ブログトップ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。