So-net無料ブログ作成
検索選択
排尿痛の種類と原因と治療法 ブログトップ

排尿痛の原因はいろいろです。! [排尿痛の種類と原因と治療法]

性別に無関係に

排尿するときに痛みを伴うことがあります。いわゆる「排尿痛です」

多くの場合
尿道に発生した炎症や結石、
腫瘍などの原因が考えられます。

本人が感じる痛みも様々で
鈍痛(にぶく重苦しい痛み)と、
疼痛(とうつう、ずきずき痛むこと)などに分類されます。

排尿時、どの段階で痛みが出るのか?

下記のように分類されます。
①排尿と同時に排尿痛が起こる:排尿開始直後の痛み
②排尿終了時に痛む:排尿が終わりに近づいてくると痛む場合
③排尿が終わるまで痛い:排尿中ずっと痛む場合

自分の痛みがどのような痛みなのかを観察し

受診時に的確な状態を医師に伝えることで
医師の正しい診断を導き出します。

したがって
適切な治療を受けることができます。


■排尿痛は病気によっても起こります。

○風邪や疲労、大きなストレスなどによる免疫力の低下を引き起こした場合

誰しもが経験があると思いますが

風邪を引いた時や、疲れが大きい場合、ストレスを受けます。
このような場合、免疫力が低下してしまいます。

結果として細菌も体内に容易に侵入しやすくなり、
炎症をもたらすことが考えられます。

炎症を起こした箇所が尿道の場合には排尿痛を引き起こす
ことがあります。


○クラミジアに感染した場合

性感染症(STD)の一つであるクラミジアに侵されると、
性器や尿道に炎症を起こし、

特に男性の場合は急性尿道炎を発生し、
排尿時に痛みや焼け付くような熱感を引き起こす
排尿痛があります。

 

もしも、あなたが
「睡眠不足で昼間、睡魔に襲われて仕事が手につかない」
「夜中のトイレの事を考えると、夜になるのが怖い」
と思っておられるなら、ぜひ、このサイトをお読みください。
 
 
こちら↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 



 


タグ:細菌 排尿痛

共通テーマ:健康

排尿痛の痛み「急性膀胱炎」 [排尿痛の種類と原因と治療法]

○排尿痛の痛み「急性膀胱炎」

前にも書きましたが、風邪や疲れ、ストレスなどにより
免疫力が低下すると、細菌に対して防衛力が低下し感染しやすくなります。

 

代表的な病気として、膀胱内に菌が侵入し炎症を起こすのが、
膀胱炎です。最もポピュラーな病気と言えます。

膀胱炎になるとトイレ回数が多くなり
しかも排尿が終わるころに強力な痛みを感じたり、
他にも尿が濁ったり、血尿が出たりの症状があります。

特に膀胱炎は女性に多く、再発しやすい病気の一つです。
慢性化してくると、膀胱内に尿が増えるだけで痛みがでてきたり、
排尿中は、ずっと痛みを生じるようになります。

多くの膀胱炎は、性交渉により感染することが多いと言われています。

 

 

もしも、あなたが
「睡眠不足で昼間、睡魔に襲われて仕事が手につかない」
「夜中のトイレの事を考えると、夜になるのが怖い」
と思っておられるなら、ぜひ、このサイトをお読みください。
 
 
こちら↓↓↓↓↓↓
 

 

 

 

 



 



共通テーマ:健康
排尿痛の種類と原因と治療法 ブログトップ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。