So-net無料ブログ作成
尿から分かる病気 ブログトップ
前の3件 | -

尿から分かる病気「量」 [尿から分かる病気]

尿量から推測される病気とは?


大人の1日の尿量は、約1~2リットル。回数にすると、5~8回ぐらいが一般的です。


季節や仕事・体質などでも差が出ます




さらに


食べ物や飲み物、運動量や発汗量・汗かきタイプなどによって、


変化しやすいため、一応・目安的な感覚で捉え、いちいち細かく気にする必要はありません。




ただし、



気をつけなければならない尿量の変化があります。


それは糖尿病の前兆に見られる場合です。



のどの渇きを覚えると同時に尿の量が増えだします。



特別、普段より水分を摂取したわけでもないのに尿量が増えた場合は気をつけましょう。




思い当たるようであれば


早めに専門医に行くのが良いでしょう。!

尿が教える病気「色」 [尿から分かる病気]

尿観察「色」  



尿の色は、飲んだ水分の量や発汗状態、飲酒、ビタミン剤、服薬や食事の影響で変化します。

また、疲れた時も色が茶褐色になります。


尿観察で毎回・毎回、色の変化にナウバスになる必要はないでしょう。


健康な尿の色は、淡黄色~黄褐色で透明です。

水分を多く摂取すると透明度がまし淡い色になることがあります。


ビタミン剤や栄養ドリンクを飲んだりした後は黄色が濃くなる場合があります。

尿観察で驚くこともありますが、これは一過性のもので気にする必用はないですが



尿観察で大事なのは、色の濃い尿が連続して観察できた場合は、肝臓や胆のうの病気の疑いがあります。

又、赤や赤褐色(血尿)が認められる場合、尿路のどこかに疾患がある可能性があります。

激痛を伴うことがあります。この場合は尿路結石の場合はほとんどです。



また稀に、肝炎が原因で腎機能が落ちて、尿の色が赤く変化することも。


尿観察で気をつけていただきたいのは女性の場合、月経時に経血が交ることがあります





尿臭でわかる病気は沢山あります。意外にも?? [尿から分かる病気]


意外にも・・・こんな事まで?




最近、嫁に尿臭がきつい・・・と言われてしまいました。



自分でも少し前から感じていたことでした。

因果関係はわかりませんが?少し不安なことが




会社での健康診断の結果で気になっていたのですが



尿酸値が高いと指摘されています。



もしかしたら尿酸値と尿臭は関係あるのでしょうか?





このような相談が寄せられています。




結果として

痛風の予備軍状態です。





痛風は「そよ風がふいても痛い」というところから


このような名前が付いたと言われています。


激痛になる前に





早目に尿酸値(プリン体を減らす)を下げる対策が大事!




>>>>>
気になる方はココをクリックしてご覧ください。

前の3件 | - 尿から分かる病気 ブログトップ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。