So-net無料ブログ作成
尿観察を習慣化しましょう ブログトップ
前の3件 | -

尿観察 [尿観察を習慣化しましょう]



唐突ですが、あなたは、1日に

何回オシッコされますか?「考えたこともない!??」でしょうか?(泣)



又 尿観察、つまり、おしっこの様子(状態)をじっくり観察したことはありますか?




尿は

単なる排泄物と捉えていませんか?

尿は、あなたの健康状態を教えてくれる大切な伝達者、つまりバロメーターです。


今後は、御自分の尿の状態を観察する習慣を

つけましょう。


更に自己チェックが出来るぐらいの

感性を磨きましょう。


尿は身体を知り尽くした探検隊




尿検査はその場で排尿したオシッコを観てもらうのが大事??


  
尿検査の疑問について


尿トラブルについて色々と調べてみました。

排尿行為は生きている以上、100%誰でもすることです。



したがってこのような悩み相談もありました。


健康診断を予約していますが当日に生理になりそうです?

このような場合、事前に尿をとって持って行くのがよいでしょうか?

それとも、今回は尿検査はパスしたほうが?

いいのでしょうか?迷っています。。。。。


このような内容です。!


結論として

尿検査は、当日の尿でなければ正確に結果が出ません。

時が経てば経つほど、成分が変化してしまうからです。



したがって検査数日前に採尿するのはNGです。

受診される 医療機関にもよりますが、


生理中でも尿潜血以外の検査はできるようです。

出来るだけ経血が混じらないように慎重に採尿するとよいでしょう。



又、担当医師に生理中であることを伝えることも大事でしょう。


男性の「トイレの回数が多くて熟睡できない」を解決する方法があります。


 












共通テーマ:健康

尿観察を習慣化しましょう [尿観察を習慣化しましょう]


尿観察を日課にしょう!


人は生きていく以上誰しもが排尿は欠かせない大切な行為のひとつです。


排尿は毎日、何度もあるがゆえに、その変化の違いを感じられるようになります。




何を食べたか、何を飲んだかによっても色や臭いや尿量までが変わるのは今まで述べてきました。


自らの生活習慣の中で、口から入ったものがどのように出ていくかを観察することによって

見えてくるものが沢山あります。



自らの力で健康状態をも掴めてきます。

尿の観察は、簡単です。


病院に出向くまでもありません。

排尿の状態から体調の変化をキャッチすることにより

ご自分で健康管理が出来るようになります。


健康診断で行う尿検査では、腎臓、尿路、前立腺、膀胱などの病気を調べられるほか、



糖尿病や肝臓病の兆候がわかります。

また自分自身でも簡単な検査で、尿潜血、尿たんぱく質、尿糖、pHなどがわかる試験紙を用いた


尿検査法が

できます。







共通テーマ:健康

尿は健康を判断する大切な指針?? [尿観察を習慣化しましょう]

尿は健康を判断する大切な指針になります。


日常、さほど気にすることなく済ましているションベンは


健康状態を判断する大切なバロメーター(指標)になります。




健康人では、通常、平均して1日に約1500ミリリットル前後の尿を排泄すると言われていますが、



体調が変調をきたすと、尿にはその異常が顕著に表れてきます。



例えば、



血尿が出たり、著しく尿の色が濃くなったり


鼻をつく、嫌なニオイがでたり・・・・




時には


オシッコをするときに排尿痛を伴うなど・・・



沢山の症状が現れてきます。




それを自分自身で確認・目視できるところが尿のいいところです。



自分の尿に著しい変化や異常があっても



なかなか人には相談しにくいかもしれませんが・・・





でも、身体の異常事態のSOSを見逃さないためにも



常にオシッコを観察しながら排尿する癖をつけたいものですね??




まずは


健康体の異常のない時の



自分のオシッコを知ること・・・かと?



だって


以上が出たときに、何が異常で、何が普通か?



知る必要がありますからネ・・・・



PS:

はなまるマーケットやスッキリ!!に出演し、

多数の雑誌で注目されている


女性泌尿器科医 関口由紀先生がこの度新しく開発された




【男性のトイレが近い(頻尿)・尿失禁を解決する方法】を紹介します。


もしも、あなたが


「睡眠不足で昼間、睡魔に襲われて仕事が手につかない」



「夜中のトイレの事を考えると、夜になるのが怖い」


と思っておられるなら、ぜひ、このサイトをお読みください。





医師が教える!男性のトイレが近い(頻尿)・尿漏れ・尿失禁を解決する方法(特典5点付き)



共通テーマ:健康
前の3件 | - 尿観察を習慣化しましょう ブログトップ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。