So-net無料ブログ作成

尿色が<薄くなった・濃くなった>病院に行くべきか? [尿の変色]




スポンサーリンク



尿の色が変だ?病気かな?
 
 

いつもより薄いようだ。。病気?

いつもより濃いような。。病気?



 
 
なんて心配されたことはないですか?

そんな疑問や心配にお役に立てれば幸いです。



 
尿ができるまで

尿のできるプロセスを簡単に説明します。


尿の目的ですが

身体に不必要な老廃物を排泄するために尿は作られます。


尿の色は「身体にとって不必要な老廃物の混入状態」で

微妙に尿の色は変化していきます。  



 肝臓で尿は作られますが
 
 水分も大別して「要らないもの側」に入ります。
 
 その後、身体に必要な分だけ身体に返され再吸収されます。



尿の色が薄い時?

☆:結果的に身体に必要以上の水分を摂取した時にこの状態になります。


☆:カフェイン・アルコールを飲んだとき。

  カフェインやアルコールには利尿作用が有り、これらを摂取すると
  
  尿量が増え、結果として尿が薄くなったり、透明に近い色になります。
  
   そんな訳で、汗をかきやすい時期・湿度や温度の変化・運動量等で
   
   尿の色は変化します。
   
   
   尿の色が薄くなったり透明に近くなったり変化するのは
   
   このような理由からです。
   
   
   
  しかし
     
  それだけではなく、尿色が薄くなるのは
     
  病気が隠れているケースがあるのです。
     
  
☆:尿色が薄く、透明になる病気とは?

  身体の水分量を調節するメカニズムのために尿色は変化していきますが
  
  身体の水分量を調節できなくなる病気があります。
  
  
  <<尿崩症>> 
  
   尿の量を調節する司令塔が脳で、視床下部・下垂体と呼ばれるところで
   
   す。ここから尿量調整ホルモンが分泌されますが、この機能が壊れ
   
   透明な尿が大量に出てしまう病気です。
   
   
    <<尿崩症>> の原因は
    
    頭部の外傷・脳腫瘍・脳炎・結核・白血病・放線菌症等で起こります。
    
    
   
     
  
  <<糖尿病>>   
  
  糖尿病になると体内の血糖値が高くなり、腎臓が正常値に戻そうと
  
  糖分を排泄します。当然、尿に混ぜて出すために尿量と回数が増えます。
   
  糖尿病の初期状態です。
  
  無理に排泄するために喉が渇きやすくなるのも特徴です。
  
  
   尿の色が薄くなり心配??ですか?
   
   
   飲み物を取りすぎたり、アルコール、カフェインなどを飲んでもいない   
   尿量、回数が増え更に喉が渇いてきたら。。。
   
  
  
   病院に行かれた方が良いでしょう。
 
 
毎日の排尿観察を習慣化するのが望ましいですね! 
   
  
  
  
  
  
  







スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。