So-net無料ブログ作成

膀胱炎には「2種類のタイプがありました。」 [泌尿器系の病気かも?]




スポンサーリンク


我慢が原因?膀胱炎の正体は?


骨盤底筋と内股を鍛え漏れにくくするガードル






女性の二人に一人が経験すると言われる「膀胱炎」


昔から、”おしっこの我慢が原因”と言われてきました。

今でも信じている方が多いと思います。


知っているようで実際は正体を知らない。そんな膀胱炎について
リサーチしました。

人目を気にしながら一日に何回もトイレに駆け込む。

残尿感や違和感・激痛。。。など人知れず悩みながらの生活。
本当に辛いですよね(泣)


トイレが近いなど上記のことでお悩みの方は是非、読み進めて見てください。

昔から言われる「我慢が膀胱炎の原因」。。なんですが

なんと

全くの無関係でした。

男性に比べ女性が圧倒的に多い?

なぜ?女性に多い?

これがネックになります。


つまり「膀胱炎」の正体は「大腸菌」だったのです。

男性に比べ女性は膣と肛門が近いために大腸菌に感染しやすいのです。

しかも尿道が男性の5分の1の長さしかありません。

必然的に感染しやすい。 わけですね!



運悪く

「膀胱炎」。つまり大腸菌に感染したら。。。

水分を沢山とり、大腸菌を水と一緒に流す。


更に抗生物質を飲んで大腸菌を殺す。ことで治すことが出来ます。



そんな訳で膀胱炎は 原因さえ

対策ささほど怖くない?病気のはずが。。。


水を大量に飲み

抗生物質を飲んでも症状が改善されない膀胱炎がありました。

しかも検査の結果、尿からは大腸菌も検出されなかった。



??なぜ?


実は、暴行を攻撃する意外な犯人がいたのです。

それは、ストレスや軽い膀胱炎で膀胱内部の皮膚がわずかに傷ついている時を狙って

攻撃を仕掛ける卑怯者でした。




それは誰もが口にする刺激物に含まれる成分が犯人だったのです。

この成分は「間質」と呼ばれる層にまで悪さをする悪質な成分で

こちらが原因で発症したら{間質性膀胱炎」と呼ばれます。


「間質性膀胱炎」を引き起こすと考えられる成分も沢山あるようですよ!



水以外の水分

コーヒー・お茶・果物ジュース


柑橘系の果物・飲みもの


カリウムを多く含む生野菜


唐辛子やわさびの辛味成分など


日常的に口にする、なんでもない食品や飲料が原因と聞きます。




まとめとして


膀胱炎は女性に多い(構造的なことが原因)

膀胱炎の原因は「大腸菌」である。 (細菌性膀胱炎L)

**


しかし細菌性膀胱炎になったことがなくても

間質性膀胱炎になることがある。







スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。