So-net無料ブログ作成

尿が教える病気「臭」 [尿から分かる病気]




スポンサーリンク


 尿が教える病気「臭」


本来、尿は、アンモニアを含んでいるために、やや酸っぱい臭いを感じられます。

しかしあまり強くはありません。

尿の色が濃くなるにつけて、臭いも並行して強くなる傾向にあります。

尿の臭いが健康体にも拘らず強い場合は、体内の水分が不足して尿が濃くなっている可能性があるので

水分量を増やすように心がけましょう。

当然のことながら血液も濃くなっている可能性も考えられます。

脳梗塞や血管障害の危険性もあります。


尿の臭は、食物や飲み物、服薬によっても臭いは絶えず微妙に変化します。


鼻をつくような、きつい臭いが何日も続かなければ特に心配する必要はないでしょう。

持病に糖尿病患者の場合、血糖値を上手にコントロールされていない場合には

希に甘酸っぱい臭いがすることがあります。


尿臭が、普段ととは違う悪臭がする場合は、尿路で化膿性や炎症性の疾患がある可能性が考えられます。


この場合は、同時に尿が濁ったり、痛みを伴ったりすることがあります。

早急に関係機関の診察を受けましょう。


こちらもご覧ください






スポンサーリンク




共通テーマ:健康


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。